シルバーアクセサリーはメンズものを身に付けよう

シルバーの種類

純度の違い

シルバーアクセサリー

メンズ用のシルバーアクセサリーは、商品により銀の含有率が異なっています。純度が最も高いのは、「SV1000」です。その下のシルバーアクセサリーは「SV950」で、銀の含有率は95%です。残る5%には、銅やニッケルなどのほかの金属が含まれています。SV1000は「ピュアシルバー」などと呼ばれていますが、その純度は99.8%です。ただし、純度が高ければメンズ用のシルバーアクセサリーに適しているというわけではありません。SV1000はやわらかすぎて、シルバーアクセサリーの加工に向かないようです。やわらかいということは、変形しやすさにもつながります。適度に硬くて、加工もしやすく、メンズ用のシルバーアクセサリーに向いているとされるのが、「SV925」です。その下に「SV900」がありますが、ものによって銀の含有率は違ってきます。また、銀以外に含まれる金属にも、銅やニッケル以外にコバルトやパラジウムなどが含まれている場合があります。メンズ用のシルバーアクセサリーに「いぶし銀」でできたものがありますが、くすんだ渋みのある色をしていることから人気があります。いぶし銀のアクセサリーは、硫黄などでいぶして表面がくすませてあります。銀製品は、手入れをせずに放っておくと黒ずんできますが、いぶし銀にはもっと深いくすみが出ています。メンズ用のシルバーアクセサリーを購入する場合は、銀の含有率を確かめて購入するとよいでしょう。

誰でも作れます

アクセサリー

メンズ用シルバーアクセサリーは色々なものが店頭で販売されていますが、なかなか気に入ったものに出会えないという方もいるでしょう。欲しいものが見つからない場合は、シルバーアクセサリーを自分で手作りしてみる方法もあります。手作りは難易度が高そうに感じられますが、シルバーアクセサリーの素材がセットになった手作りキットを使用すれば誰でも作れます。キット内には純銀粉末が入った粘土が主な材料として封入されており、粘土を造形してシルバーアクセサリーを作っていきます。メンズ向けのカッコ良いデザインを形作ることができるので、男性が自分用に作ったり、彼氏へのプレゼントとして女性が手作りするのも良いでしょう。特に指輪の造形は比較的簡単に行えるため、初めて手作りキットを利用する場合は指輪を作ってみましょう。丸い木の棒を用意し、そこに細長く伸ばした専用粘土を巻き付ければ、まず大まかな指輪の形が見えてきます。そのままイメージに従い細かな造形を加えていけば理想の形を作ることができるでしょう。温風で乾燥させるとある程度硬化するので、硬化したところで棒から取り外し、やすりなどを利用して細かな修正を加えていきます。形が出来上がったら焼成作業に入りますが、焼成は焼き網とガスコンロがあれば手軽に行えます。焼き上がり後ステンレスブラシで磨き作業を丁寧に行えば、純度の高いメンズシルバーアクセサリーが完成します。手作りキットを利用してメンズ用シルバーアクセサリーを作っている方はたくさんいるので、興味がある方は挑戦してみましょう。

お手入れで長持ちできる

シルバーアクセサリー

メンズのオシャレアイテムとして人気のあるシルバーアクセサリーですが、いくつかの注意点を押さえておくことが大切です。まず、シルバーアクセサリーといった銀製品は、温泉などが触れることで変色することがあります。家庭用の入浴剤のなかにも、黒ずみの原因となる硫黄分が含まれていることがあるので確認してみてください。とくに肌に密着するメンズのアクセサリーは、汗や皮脂が付きやすくなっているので、汚れはこまめにふき取るようにしてください。また、保管していたシルバーアクセサリーを出したときに、使用していなくても黒ずんでいることがあります。これは空気に触れることでおこるので、長期保管しているシルバーアクセサリーも、こまめにお手入れをすることが大切です。メンズのアクセサリーは凝ったデザインのものも多いですが、他のアクセサリーとぶつかることでキズがつくことがあります。そのため、面倒くさがらずに個別に保管するのが良いでしょう。チャックが付いている圧縮袋は空気に触れるのを防げ、なおかつリーズナブルに購入することができるので、いくつか用意しておいても良いでしょう。なお、メンズアクセサリーを取り扱っているお店に行くと、フロスや保管用紙などシルバー向けのお手入れ用品が売られていることがほとんどです。シルバーアクセサリーと合わせて購入したり、お店でメンテナンスが受けられることもあるので店員さんに聞いてみるのオススメです。

バイクの欠点を補う

オートバイ

自動車よりも何かと便利な場合もあるバイクですが、どうしても積載量が少ないという欠点もあります。その欠点を補うことが出来るのがサイドバッグです。サイドバッグは片側や両側に付けるタイプもあれば、ベルトのみで固定したり専用のキャリアが必要になるタイプなどもあります。

もっと読む

バイクのお供

鞄

サイドバッグは雨や汗に濡れないように気をつけます。レインカバーでガードすることも大切ですが、普段からほこりや水分が付いたらすぐに拭き取るように心がけておきましょう。また革製品は割れやすいのでクリームを塗って磨きあげます。保管は風通しの良い冷暗所で、匂いが気になったら消臭スプレーを使いましょう。

もっと読む

カッコイイデザイン商品

シルバーアクセサリー

女性から男性へのプレゼントとしてシルバーアクセサリーはおすすめです。メンズ用品のプレゼントは若干難しい部分がありますが、シルバーアクセサリーはカジュアルな装いによく合いますので、喜ばれます。人気ブランドからノーブランドの商品まで様々です。

もっと読む